しながわ在宅クリニック

こころの問題に寄り添える訪問診療

パルスオキシメーターの見方、正常値

投稿日:

体内の酸素飽和度を計測できるパルスオキシメーター。新型コロナウイルスの流行で名前を聞いたという方も多いのではないでしょうか。新型コロナウイルスに限らず、呼吸機能が正常に働いているかを調べることができます。この記事では、パルスオキシメーターの原理、見方と正常値、使い方、注意点についてお伝えします。

パルスオキシメーターとは、原理

パルスオキシメーターは血液中にどれだけ酸素があるかという酸素飽和度(SpO2)を計測する機器です。心拍数も一緒に測定できます。なぜSpO2を計測するのかというと、呼吸機能(酸素供給)が正常に行われてるかを調べるためです。

パルスオキシメーターの原理は、赤血球の中にあるヘモグロビンが酸素と結合すると赤くなる性質を利用し、指先などに光を当てて赤色度合いからSpO2を測定します。

酸素飽和度は採血などで血液を直接調べる方法もあり、SpO2とは区別されてSaO2と呼ばれています。測定の仕方が異なりますが、SpO2とSaO2はほぼ同じ値を示し、精度に差異はほとんどありません。SaO2は採血が必要になるのに対し、SpO2はパルスオキシメーターを付けるだけのため、患者さんが自宅でも計測できるという利点があります。

パルスオキシメーターの見方、正常値

パルスオキシメーターは複数のメーカーから販売されてますが、大半のものがSpO2と心拍数が表示されるというシンプルなものです。

SpO2の正常値は96%以上。93%以下は酸素投与を検討、90%未満は危険な低酸素血症、呼吸不全の状態です。96%を下回ったらすぐに危険というわけではなく、測定の状態によって多少変動しますので、後述する使い方や注意点を確認し、改めて計測してみましょう。

90%を下回ってる場合は速やかに医療機関を受診してください。また、何度計測しても普段の数値から3~4%低下している場合も医療機関を受診しましょう。

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 第10.0版」によると、新型コロナウイルスの場合は96%以上が軽症、93%~96%は中等症I、93%以下は中等症IIとされています。中等症IIでは呼吸不全があり、酸素投与が必要です。

パルスオキシメーターの使い方

電源を入れて指に装着するだけなので難しいこともないのですが、細かく手順を説明すると次のようになります。

  1. 手指を清潔にする
  2. 座った状態で呼吸を整え、安静にする
  3. パルスオキシメーターの電源を入れて、爪を上に向けて指を入れる
  4. 数値が安定するまで20~30秒計測する

「呼吸を整え」というのは、活動していて息が上がってる場合に整えるという意味です。安静にしても呼吸が落ち着かない場合は何かしらの疾患の場合もあるので、そのまま計測してください。

測定数値が安定しない場合は次章の注意点を確認して再度計測してみましょう。また、指を変えてみるのも有効です。

パルスオキシメーターで計測する際の注意点

パルスオキシメーターで計測する際は次の点に注意しましょう。

  • マニキュア、ジェルネイル、つけ爪は外す
  • 呼吸を整え、安静な状態で計測する
  • パルスオキシメーターを正しく装着する
  • 光の影響を受けるため、屋外であれば日陰、屋内では強い光を避けた場所で計測する
  • 手指が冷たいと正しく計測できないことがあるため、冷たい場合は温める
  • 計測中は手や指を動かさない

使い方の章にも記したように「呼吸を整え」というのは、活動していて息が上がっている場合に整えるという意味です。安静にしていても、呼吸が乱れる場合はそのまま計測してください。

パルスオキシメーターについてお伝えしました。パルスオキシメーターは酸素飽和度(SpO2)を計測し、呼吸機能が正常に働いているかを調べることができる機器です。新型コロナウイルスの重症度の判別にも使われます。使用する際は記事内の注意点に気をつけて計測しましょう。SpO2が90%を下回っている場合や、普段と比べて3~4%低下している場合は医療機関を受診してください。

関連リンク

パルスオキシメーターの使い方(ご自宅で療養される方へ)(船橋市)
パルスオキシメーターとはどのようなものですか(北九州市)
承認・認証されたパルスオキシメータについて(厚生労働省)
よくわかる パルスオキシメータ(日本呼吸器学会)
パルスオキシメータとは・正しい使い方(オムロン ヘルスケア)
パルスオキシメータの家庭での正しい使い方(オムロン ヘルスケア)
パルスオキシメータ知恵袋(コニカミノルタ)
パルスオキシメーター みんなの安心手引き(一般社団法人 電子情報技術産業協会)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 第10.0版(厚生労働省)

-ブログ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高血圧に気をつけよう

日本では4,000万人が高血圧であると推定されていて、多くの方が抱えてる病気です。食生活や運動不足など生活習慣が原因となっていることが多いことから、生活習慣病の1つとなっています。非常にメジャーな疾患 …

精神科でよく使われる薬

精神科では、疾患や症状によって、抗精神病薬、抗うつ薬、気分安定薬など様々な薬を処方します。この記事では、薬物療法の役割、精神科の薬の効き方、よく処方される薬について、簡単に説明します。

睡眠薬(睡眠導入薬)について

なかなか寝付けない、早朝に目が覚めてしまうなど、睡眠障害に使われる睡眠薬。脳の活動を休ませたり、眠気を強くしたり、様々な効き方で睡眠の問題を改善します。この記事では、睡眠薬の仕組みや効果、日本で承認さ …

no image

カーシェアリング

カレコのカーシェアリングを使ってみました。 車は2万キロほど走行したスバルXVで運転しやすく、程よいパワーもあって良かったです。 カーナビ、ETCも着いていて、携帯の充電器まで入っていました。 6時間 …

no image

現在おかかりの方に

平成24年4月から東京の病院に移ることになりました。 現在おかかりの患者さんにおかれましては、引き続き現在の病院、または近隣の病院、クリニックで診療が受けられるように調整していきます。 ご迷惑をおかけ …